プロミスで得する使い方・お勤めの方

ここからは職業、属性別に「おすすめのカードローン」をひとつずつご紹介したいと思います。まず1枚目は、お勤めの方におすすめ、プロミスの「フリーキャッシング」です。この商品は、数あるプロミスのカードローンの中でも1番人気の商品です。

 

【フリーキャッシングのカードスペックについて】

 

本サイトの冒頭でも既に説明をしましたが、フリーキャッシングの融資最高額は500万円と、高額融資にも対応したローンです。プロミスの「おまめとローン」や「目的ローン」に比べても200万円「融資可能額が大きな」カードローンです。

 

契約額は、審査の内容によって決定されます。過去の借り入れや返済状況が良ければ、年収に比例して、大きな融資可能枠が出るでしょう。

 

金利も可決される金額によって決定されます。フリーキャッシングの実質年率は、最低4.5%から最高17.8%(実質年率)です。この契約内容は、新規利用者が対象となっています。利用が長くなれば、金利の引き下げや貸し付け条件の変更が行われます(会員の属性によって決定)。

 

【返済について】

 

返済が遅れた場合は、20.0%の遅延利息が発生します。返済は、毎回遅れないように注意してください。返済期日については、毎月5日、15日、25日、末日の中から、好きな返済日が選択できます。

 

ただし、銀行振替を希望する場合はジャパンネット銀行、三井住友銀行以外の金融機関はすべて「5日が返済日」となります。返済日を自由に選択したい方は、ジャパンネット銀行か三井住友銀行で口座を開設しておきましょう。返済期間は最長6年9ヶ月まで(回数に直すと最大80回)返済回数が指定できます。

 

【申し込みの条件】

 

プロミスの申込み条件は、以下の通りです。

 

・ 年齢20歳以上で69歳以下
・ 安定した収入がある方

 

これらの条件を満たせば、アルバイトやパートタイムで働く方、派遣社員や自営業者の方でもプロミスのカードローンが利用できます。また、自営業者の方にはフリーキャッシングのほか、事業資金に活用できる「プロミス自営者ローン」が用意されています。

 

ただし、フリーキャッシングについても「自営者に限り、事業資金として利用可」となっており、事業資金としての選択肢は二種類(フリーキャッシングと自営者ローン)存在します。

 

【使い道について】

 

フリーキャッシングは、使い道が自由なカードローンです。利用目的は生計費に限られるのですが、個人事業主の方に関しては(前項目を参照)生計費および事業費に利用でき、保証人や担保は必要ありません。

 

【必要な書類】

 

次に、審査に必要な書類を見ておきましょう。フリーキャッシングの借入審査には、申し込みの事実を確認するため「本人確認書類」が必要になります。本人確認書類とは、運転免許証や健康保険証を指します。どちらもなければ、パスポートを用意しましょう。

 

もちろん、日本に住む外国籍の方もプロミスカードローンが利用できます。外国籍の方は、在留カードや特別永住者証明書、外国人登録証などの身分証明書を準備しましょう。

 

【所得証明書類】

 

50万円以下の借り入れには「所得証明書類」が不要です。反対に、50万円以上の借り入れや自営者の方は、必ず所得証明書類が必要になります。

 

<所得証明書類とは?>
・ 源泉徴収票
・ 確定申告書
・ 直近2カ月分の給与明細書

 

この他にも「ボーナス」があれば、最新1年分の賞与明細書を用意してください。

 

【自営者は毎回、所得証明書が必要になる?】

 

自営者の方は50万円以下の借入でも、必ず所得証明書が必要になります。納税証明書や事業内容が確認できる書類(開業証明書、納品書、受注書など)が必要となります。

 

【まとめ】

 

このように、プロミスの「フリーキャッシング」は、一般にお勤めの方、アルバイトやパートの方、派遣社員の方、自営者の方にも使いやすいカードローン商品です。審査が早く即日融資にも対応しているため、スピードキャッシングを希望される方にもおすすめです。