プロミスのカードローン・スペックについて

プロミスにはいくつかのカードローン商品がありますが、今回は一番人気の「フリーキャッシングのスペックについて、表を使って説明したいと思います。

 

<添付:表1参照>

 

【フリーキャッシングのカードスペック】

 

プロミスのフリーキャッシングは、最高500万円までの融資が可能です。利用可能額は、審査の結果によって決定されます。それぞれ「返済能力が高い」と認められれば、収入に応じて高い融資が受けられるでしょう。実質年率は4.5%〜17.8%で、最低金利の数字は銀行カードローンに近いものとなっています。

 

月々の返済期日は、 5日、15日、25日、末日のいずれかを自由に選択できます。ただし、都度返済や一括返済をされる場合は、返済サイクルに関係なく、好きなタイミングで追加返済ができます。

 

また「振替」を指定して、返済することも可能です。三井住友銀行からジャパネット銀行の場合は5日、15日、25日、末日の中から好きな日「振替日」として選べます。しかし、それ以外の金融機関は、毎月5日が返済日となります。

 

カードローンの年齢条件は、どの金融機関も20歳以上(クレジットカードやろうきんは除く)となっています。プロミスでも年齢20歳以上、69歳以下の方のみカードの申し込みが行えます。69歳以上になるとカードの利用ができなくなるので(利用の停止)年齢の上限には注意しておいてください。

 

【利用条件について】

 

プロミスのフリーキャッシングは、一般にお勤めの方やアルバイトパート、派遣社員の方は使い道が決められています。上記の方は、生活費に限りローンの申し込みが可能です。しかし個人事業主の方は、生計費か事業費用として活用(併用)できるので、ローンの利用幅はより広く設けられています。

 

【審査に必要な書類】

 

審査の際、印鑑や保証人、担保等は必要ありません。審査に必要な書類は、申し込みが確認できる本人確認書類が必要です。運転免許証やパスポート、保険証などが指定されていますが、写真付きの住基カードを使われる方は、事前にプロミスに相談してみてください。

 

本人確認書類については、別の記事でも詳しく説明しています。この記事と合わせて参考にしてみてください。

 

【所得証明書類は必要か?】

 

個人事業主の方、および50万以上の借り入れを希望される方は「所得証明書類」が必要になります。個人事業主の方は(借り入れの金額が少なくても)必ず所得の証明が求められるのです。

 

<所得証明書の種類>

 

源泉徴収票、確定申告書、給与明細書などを用意してください。また会社経営者の方、自営者の方は、事業の実態がわかる納品書や受注書見積書、などを用意しましょう。もちろん納税証明書なども、収入証明として必要です。

 

フリーキャッシングは、他のローン商品としても代用できます。目的ローン、おまとめローン、自営者ローンがそれぞれ「最高融資額300万円」であるのに対し、フリーキャッシングは最高500万円までカバーできます。自由な目的でフリーキャッシングを活用しましょう。

 

【まとめ】

 

今回は、フリーキャッシングのカードスペックについてご紹介しました。プロミスが扱う別のローン商品については、本サイトで扱う別の記事を参考にしてみてください。