自営者にもおすすめのプロミス

今回は「自営の方におすすめ」のプロミスカードローンについてご説明します。自営者の方とは、会社経営の方、フリーランスで働く方、店舗経営をしている方などを指します。また、在宅ワークをしている方も「自営者」の扱いになります。

 

【自営者の方向け・二種類のローンを用意】

 

自営者の方は、プロミスで二種類のカードローン商品が利用できます。1つ目は、一般の方と同じフリーキャッシングと呼ばれる商品で、2つ目は自営者カードローンと呼ばれる商品です。

 

<プロミスの自営者向けローンは二種類!>
・ フリーキャッシング
・ 自営者向けローン

 

フリーキャッシングの商品については、すでに他のページでも詳しく説明をしています。ここでは「自営者専用のローン」に限定して説明したいと思います。

 

【自営者向けローンとは?】

 

自営者カードローンの(融資)最高額は、300万円です。上限額は「審査の結果」によって決められます。借入の利息は年6.3%〜17.8%で、遅延時の利息は20.0%となっています。

 

返済日は、他のプロミスカードローンと同じです。三井住友銀行かジャパンネット銀行を利用している方に限り、5日、15日、25日、末日の中から「好きな返済日」が選択できます。反対に、三井住友銀行とジャパンネット銀行以外を利用される方は、返済日は「5日に固定」されてしまいます。

 

【利用できる期間と目的】

 

自営者ローンは、20歳から最長65歳まで利用できます。他のキャッシング商品より、年齢の上限が短くなっているので注意しましょう。返済期間は、最長6年9ヶ月、回数にして80回まで指定できます。

 

担保や保証人は必要ありませんが、自営者ローンは「事業費もしくは生経費」として併用できます。

 

【本人確認書類について】

 

本人確認書類は、他の方と同じく運転免許証やパスポート、保険証が必要になります。もちろん全てではなく、いずれかの書類で構いません。外国籍の方は、在留カードや特別永住者証明書、外国人登録証明書を用意しましょう。

 

自営者の方は、収入証明書の種類が少し複雑になります。その理由は、お勤めの方とは違い「自らの収入を証明する必要」があるからです。収入証明としては、確定申告書などが(審査の際)受理されます。

 

確定申告書を提出する場合は、前年分の書類を用意してください。ただ、提出日が1月1日から3月31日までの方は、前々年度の確定申告所でも受理されます。青色申告で提出した書類、収支の内訳がわかる書類を用意しましょう。

 

また、自営者の方は「営業の実態がわかる」書類を準備する必要があります。受注書や発注書、納品書、領収書、請求書などを用意してください。これらの書類も、必ず最新のものを用意しましょう。直近1年以内の書類であれば受理されます。

 

このように(自営者の方は)他の方と比べて「準備すべき書類」は多くなります。ただ、保証人なし、担保なしで「事業資金」が借りられるのは大きな魅力です。

 

【自営者ローンの審査】

 

自営者ローンの場合は、審査に若干時間がかかります。即日融資を希望される方は「フリーキャッシング」に申し込んでください。フリーキャッシングでも自営者の方に限り「事業資金としての利用」が認められています。

 

「自営者ローンの」場合、最高300万円までしか借りられないのですが、一般の「フリーキャッシング」なら500万円までカバーできます。希望金額によっては、フリーキャッシングを申し込んだ方が得かも知れません……。

 

また、融資を急がれる場合は、ネットから先に手続きを済ませておきましょう。フリーキャッシング同様、自営者ローンもネット申し込みに対応しています。

 

【まとめ】

 

生計費や事業目的だけでなく、審査のスピードも合わせて(フリーキャッシングと自営者カードローンは)細かく、それぞれを比較してみましょう。