プロミス・返済方法

別の記事では、プロミスのキャッシング方法について確認しました。今回は「プロミスの返済方法」について確認しておきましょう。

 

【プロミスのネット返済】

 

1つ目にご紹介するのは、インターネットを使って返済する方法です。キャッシングと同じく、パソコンや携帯、スマートフォンから、いつでも好きな時間に返済手続きが行えます。日中忙しい方は、この方法で返済を行ってください。

 

インターネット返済の良いところは、返済状況が「即座に反映される」という点です。土日や祝日、深夜や早朝でも、返済が終われば、すぐに利用状況に反映されるのです。返済額が増えるに従い、新規キャッシングも利用可能です。

 

ネットを返済は「一括返済」にも活用できます。ATMのように、1円単位の小銭をジャラジャラと持ち歩かずに完済できるので大変便利です。

 

【口座振替について】

 

次に、プロミスの口座振替をご紹介しましょう。プロミスでは、口フリ(口座振替)と呼ばれる返済サービスを用意しています。「口フリ」とは、口座振替を略してネーミングされました。

 

口フリは、毎月の返済を口座から自動で引落しのできる便利なサービスです。手数料も0円で、払い忘れの心配もありません。このサービスはプロミス公式サイトの「会員ページ」から申込みができます。

 

【サービスプラザで返済】

 

3つ目にご紹介するのは、お客様サービスプラザから返済をする方法です。全国の主要都市にはプロミス「お客様サービスプラザ」と呼ばれるサロンが用意されています。

 

スタッフと直接やりとりをしたいと言う方は、全国の「お客様サービスプラザ」で返済を行ってください。ここでも、一括返済の手続きを受け付けています。短期間に完済したい方は、最寄りの店舗を訪れてみてはいかがでしょうか?

 

【無人店舗での返済】

 

次にご紹介するのは「プロミスの無人店舗」を使った返済方法です。全国にあるプロミスATMは、キャッシング返済を受け付けています。また、プロミスATMは(先にご紹介した)お客様センターにも設置されています。どちらか好きな場所で、返済手続きをしてみてください。

 

【提携ATMの利用】

 

プロミスは、自社のATMだけでなく全国に「提携ATM」を持っています。「プロミスATM」と書かれたステッカーがあれば、これらの提携ATMから返済をしてみてください。

 

【コンビニで返済する方法】

 

プロミスはコンビニの定期ATMからも返済できます。コンビニを利用すればいつでも「返済手数料0円」で手続きが行えます。コンビニのローソン、ファミリーマート、ミニストップに設置された「提携ATM」を利用してください。

 

【目的ローンのみ、振替返済限定ってホント?】

 

プロミスで扱う「目的ローン」は、返済方法が一種類に限定されています。毎月6日に指定する口座からの自動引き落としとなるので、引き落とし日の前日には残高が不足しないよう、口座状況を確認しましょう。

 

【振込による返済】

 

月々の返済は、通常の「銀行振り込み」にも対応しています。ただ、この場合の手数料は、利用者の負担となるため注意が必要です。無駄な手数料払わないため、なるべく「手数料無料の方法」を利用してください。